HOME

(消費税込¥73,980)
スイス・AOK社の製作による万能フリクション経緯台「AYO」のアップグレードバージョン。水平・垂直回転部にスラストベアリングを搭載し、更に絶妙の滑り具合に調整できるテンションクランプを両軸に設けたことにより、小型カセグレンや短焦点屈折など、鏡筒の短い望遠鏡でも高倍率までストレスの無い手動追尾が可能です。水平軸の片側には標準規格のアリミゾが装備され、もう一方にはタカハシ互換のネジ穴とバランスウェイト軸用の中心穴が設けられているため、両側に2つの望遠鏡を付けたり、バランスウェイト軸を装着することも可能です。(7〜8kg程度の望遠鏡であればウェイトは不用です。)三脚装着台座径はφ60mmとφ45mmを兼ね備えており、SX用を含むビクセン三脚をはじめ、様々なブランドの三脚に適合し、更に台座下部の延長台座を外せば写真三脚にも搭載可能。赤道儀よりも遥かに軽くて取扱も容易なため、気軽なベランダ観望や遠征観測に最適です。丈夫な望遠鏡用三脚に搭載すれば左右合計15〜20kg程度の望遠鏡まで搭載可能ですが、特にコンパクトな短焦点屈折やマクストフカセ等のユーザーで、フリクション粗動がきめ細かく滑らかなフリーストップ経緯台をお探しの方にお勧めしたい架台です。高級感のあるブラス・フィニッシュも魅力!
AOK AYO MarkII Tripod Base AOK AYO MarkII Telescope Mounting Surface AOK AYO MarkII Dovetail Base
望遠鏡搭載軸仕様 標準規格アリミゾ金具(片側)
M6×2+M8×2(縦横十字方向・35mm間隔[タカハシ互換])+M12×1(バランスウェイト軸用)
三脚台座仕様 3/8インチ大型カメラネジ穴×1 (写真三脚搭載用)
延長台座底面φ60mm(旧ビクセン三脚及び互換三脚に適合)+φ45mm(ビクセンSX用三脚に適合)
固定ネジ穴M10×1 / 極軸調整用突起回避溝付
本体寸法 両軸外径φ80mm×横210mm×縦175mm(延長台座装着時255mm)
本体重量 3kg(延長台座装着時3.4kg)
付属品 三脚搭載用延長台座

(消費税込¥5,184)
長さ200mm・軸径φ20mmのAYO経緯台用バランスウェイト軸。ビクセン等のバランスウェイトがそのまま流用可能。重量のある望遠鏡を搭載する場合は、この軸を介して適宜バランスウェイトを装着することにより、常にスムーAOK Counterweight Shaftズな水平回転と架台の安定性が確保できます。ステンレス無垢素材使用。


(消費税込¥9,720)

(消費税込¥10,800)
AOK AYO MarkIIのバランスウェイト側に装着することにより、望遠鏡の微妙な追尾を片手でスムーズに行なうことができます。特に高倍率惑星観測時など、精密な追尾が要求される時に威力を発揮します。ガイドグリップを付けた状態のまま、バランスウェイト軸を追加装着することも可能。長短2種類よりお選び下さい。
AOK Guiding Grip

(消費税込¥7,344)
AOK AYO MarkII のタカハシ互換ネジ穴側だけに望遠鏡を装着する際に、アリミゾ側にバランスウェイト軸を付けるためのアリガタ金具。ウェイト軸取付用のネジ穴はM12とM10の2種類が装備されており、AOK純正ウェイト軸(M12)はもちろん、TELE-OPTICやCastor等のウェイト軸(M10)も取付可能です。
Dovetail Plate for Counerweight Shaft Dovetail Plate for Counerweight Shaft

(消費税込¥16,200)
AOK AYO MarkIIのバランスウェイト側に装着することにより、2台の望遠鏡が左右同時搭載可能。アリガタを「面」で押さえるため傷が付きにくい親切設計。ビクセン、SYNTA、INTES-MICRO等に採用されている標準規格幅アリガタに適合。 AYO Dovetail Base

(消費税込¥12,960)
AOK AYO MarkIIに双眼鏡やスポッティングスコープなど、カメラネジで水平固定するタイプの小型機材を搭載するための特製プレート。アリガタ・アリミゾ部分が前後にスライドできるため、仰角を上げても絶妙なバランスが確保できます。アリガタ部分には脱落防止突起も完備。10cmクラスの大型双眼鏡を搭載してもビクともしない肉厚設計。1/4インチ固定ネジ(カメラネジ互換)付属。 Binocular Plate for AYO
What's NEXT? 
〒153-0051 東京都目黒区上目黒5-19-33 (株)笠井トレーディング
トップページに戻る   ご注文方法