HOME
F値の小さな望遠鏡ではアイピースに対する入射角が大きく、球面収差が増大してアイピース自体の性能が損なわれがちです。バローレンズを併用すると、この入射角を小さくし、アイピースの性能を損なうことなくシャープな像が得られます。更にバローレンズは望遠鏡焦点面の湾曲を補正し、特にF値の小さな望遠鏡で問題となる視野周辺の像質劣化(非点収差・コマ収差等)を劇的に改善します。またレンズ径に余裕のある長焦点アイピースを高倍率で用いることができ、月・惑星観測時にコントラストの高い安定した像質と十分なアイレリーフが得られるのも大きな利点です。良像を得る手段として、望遠鏡の種類や低倍率・高倍率にかかわらず積極的なバローレンズの活用をお勧めします。
1,25" Multi-Short Barlow マルチショートバロー \4,800 FMC 2.5x/5x Triplet Barlows FMC3枚玉2.5xショートバロー \6,800
FMC3枚玉5xショートバロー \8,800
2" Multi Short Barlow 2インチマルチショートバロー
\9,800
What's NEXT?
〒153-0051 東京都目黒区上目黒5-19-33 (株)笠井トレーディング
トップページに戻る   ご注文方法